感染症・感染対策専門出版

リーダムハウスは,感染症・感染対策の領域で役立つ書籍を出版してまいります。

HOME

感染管理おべんきょコミック

ミッションICポッシブルーアイコの感染管理奮戦記 3巻

 ●テーマ:どないかせんと!針刺し対策

 監 修:森澤雄司(自治医科大学附属病院感染制御部長)
 定 価:本体1,200円+税
 判 型:B6 156頁
 発行日:2013年10月31日
 ISBN978-4-906844-03-6


内容のご紹介


3巻のお話

 第1話 針刺し対策事始めの巻
 第2話 ケツエキバイカイビョウゲンタイ!の巻
 第3話 いきなり針刺し事例勃発!の巻
 第4話 アイコ はじめてのお勉強会の巻ー前編
 第5話 アイコ はじめてのお勉強会の巻ー後編
 第6話 針刺し防止のための院内整備や!の巻
 第7話 安全器材の導入なり~の巻
 第8話 六車さんのエピネット プチ講座の巻


ミッション IC ポッシブル 3巻 はじめに

 お待たせしました!「ミッション IC ポッシブル」3 巻のテーマは「針刺し対策」です。
 いよいよ感染管理室長としての活動を開始した,われらがヒロイン・野田アイコくんが「針刺し」への対応に挑む,期待の第 3 巻へようこそお越しいただきました。ところで,読者の皆さん,皆さんが医療を提供している現場は安全でしょうか。医療現場は,私たちにとって職場であり,労働者でもある私たちは安全に働く権利があり,病院など雇用者側には労働衛生管理の観点から医療従事者への安全配慮義務がありますが,きちんとそんな風に意識しておられましたでしょうか。私たち医療従事者は,日常業務の中で患者さんの血液・体液で汚染された鋭利器材,それこそ注射針やメスとともに働いており,針刺し・切創による血液体液曝露のリスクに恒常的に曝されているのです。病院側は雇用者として誤刺防止機構付き安全器材を導入したり,医療廃棄処理に関する安全を配慮したりする,などの義務があります。また,私たちが職業上に血液・体液曝露を受けてしまった場合,それは労働災害であり,医療従事者は労働災害補償を受ける権利があるのです。第 3 巻を通してそんなことを再確認していただければ幸甚です。
 そして,第 3 巻のポイントはもう一つ,アイコくんははじめて学術集会に参加します。感染防止対策は現場に役立つ必要があり,机上の空論では無意味ですが,視野狭窄に陥らないように外部からのインプットを受けることはとても大切です。インターネットの世の中ですからウェブ上に情報はあふれていますが,実際に顔を合せる face-to-face の関係でネットワークを構築することの意義は益々大きくなっています。相談できる相手がいることは安全と安心にも繋がり,そのためにも勉強会や学会へ積極的に参加して人脈を開拓しましょう。
 さて,ともに働く仲間の安全のために,待ったなし,どげんかせんといかん,“針刺し対策” ,3 巻が始まります。

 2013 年10 月

 森澤雄司
 自治医科大学附属病院・感染制御部長,感染症科(兼任)科長,准教授
 栃木地域感染制御コンソーティアム TRIC’K’ 代表世話人